コンパクトなオフィスでも、熱気はどこにも負けません!(中国・四国エリア)
ホロスプランニング
活動報告
2021.10.26

コンパクトなオフィスでも、熱気はどこにも負けません!(中国・四国エリア)

ホロスプランニングは、現在20拠点以上のオフィスを構え、200名を超える将来設計士が全国で活躍していますが、それを取り纏めているのが各拠点の「エリアマネージャー」です。

エリアマネージャーは、募集人の採用や育成だけではなく、弊社に関わる全ての方が安心で豊かな生活を実現いただけるよう、時代に応じたコンプライアンス教育や企業倫理の徹底など、ホロス社員として社会的責任を果たすための環境づくりを現場で担っています。

今回は、そんな彼らの活動内容レポートをご紹介いたします。


ホロスプランニング
中国・四国エリアマネージャー
小林 建(こばやし たける)


総合生活支援業としての私たちの役割


皆さん、こんにちは!中国・四国エリアを担当している小林です。

突然ですが、この仕事に携わる方であれば、誰もがお客様へ真の貢献をしたいですよね。募集人であればなおさら、「期待値以上」のサービスをお客様へ提供したいと思っているはず。

でも、具体的に何をどうすればよいのか、自分が正しい方向に向かっているのか、これが最善なのか…なんて悩むシーンも意外に多いのではないでしょうか。実は、私もそのひとりでした。

もともと私は、生命保険会社で約20年マネージャー職を拝命し、チーム育成に邁進してきました。そこで得た、保険が持つ可能性や素晴らしさを、重々肌で感じてきたつもりです。しかし、日本の金融業において顧客本位の業務運営が掲げられるようになった昨今、果たして保険の提案だけでお客様のあらゆる課題に対応できるのだろうか、と疑問を感じ始めていました。

お客様との面談では、まずは相手の話に耳を傾け、その方は何に関心があるか、何に不安を感じるのか、はたまた考える余裕がない…なんて状況まで、じっくりお伺いします。お客様は悩みを吐き出すことで、多少気が紛(まぎ)れるとは思いますが、そこに具体的な解決策がなければ絵に描いた餅、私たちは単なる話し相手で終わってしまいます。そして、その解決策は、「保険」以外のところにあるのかもしれないのです。

そこで、解決の選択肢をより多く持てること、つまりあらゆる側面からファイナンシャルプランを提示して課題解消に導くことが、真のお客様貢献ではないのかという想いに辿り着きました。

ホロスプランニングに転職をしたのは、主軸となる保険代理店事業はもちろん、教育研修や不動産などグループ会社のソリューション、さまざまな業務提携、何よりも心強いバックオフィスの体制があったからです。

この想いを凝縮してホロスプランニングは「総合生活支援業」という仕組みを掲げ、募集人の作業負荷を軽減しながら、お客様のサポートに全力投球できる環境を構築していたことが最大の魅力でした。そして、それらの武器に甘んじることはなく研鑽する将来設計士たちの姿に、深く感銘を受けたのでした。

ただ、個人でやれることには限界があります。そこで、今まで培ってきたチームビルディング力を活かし、エリアマネージャーとしてホロスに貢献することが、ひいてはお客様貢献につながると信じて活動をしています。

代理店業界を変えるのはこの場所から


私が担当している【中国・四国エリア】でも、生命保険はもちろん、損害保険、法人保険、相続、弁護士相談など、あらゆる専門知識に精通しているプロフェッショナルたちが所属しています。

このエリアに在籍する将来設計士は約10名と、大都市圏内と比較するとコンパクトかも知れません。でも、社内ミーティングや勉強会での意見交換など、互いに忌憚なき姿勢で切磋琢磨するオフィスの空気は、他の地域に負けないくらいの熱量があります。そんな皆と接している私自身も、ついつい気持ちが高揚してしまうことがあります(笑)。

感染症対策が重要となる昨今、全員がその場に集まって…というのは厳しい時代になってしまいましたが、PC越しとはいえ以前よりもオフィスの仲間たちと顔を合わせるようになりました。そんな彼らの「総合生活支援業」ビジネスは、まずお客様のライフプランニングを徹底的に行い、問題定義から解決プロセスまでを可視化します。当然、その結果「保険」が解決手段になるわけではありません。

そんな時に、業務提携先や専門知識に精通した仲間たちのネットワークを駆使することで、スピードとボリュームを兼ね備えた情報提供を可能にしています。気軽に意見交換できるオフィス環境が活動を後押ししてくれるのです。

ひとりではなく、会社やチームの総合力で勝負ができる。このようなビジネススタイルに共感してくれる仲間をひとりでも増やすことが、ホロスプランニングや、ひいては代理店業界全体が次のステップへ進むことに繋がると確信しています。

広島オフィスの様子


あなた自身も気づかなかった能力を引き出したい!


私はエリアマネージャーとして、将来設計士が自分らしく活動し、さらに活躍ができるような環境づくりを最も意識しています。

ホロスプンニングは取扱保険会社や業務提携先が多い分、勉強会や研修など学びの場に恵まれていますので、「俺には関係ない」なんて視野が狭まらないように、細心の注意を向けています。こういった学びの環境をコーディネートして、将来設計士が自身でも気づかなかった能力や得意分野を開花するお手伝いを行っているつもりです。

そんな私の口癖は、「食わず嫌いはやめましょう」です。仲間には少々煩く思われているかもしれませんが(笑)。

全国数多ある保険代理店は、面白いように運営ルールや企業理念が異なります。そのようななか、ホロスプランニングの大きな特徴は「売り上げが高い営業が偉い」という概念はなく、「お客様と向き合う姿」そのものに敬意が向けられることです。「ひとりじゃない」環境は、困ったときには仲間がいるし、時には頼ってくる者もいるでしょう。それを良しとする文化がある組織なのです。

もっとお客様へ貢献したい。でも具体的に何をどうしたらよいのかわからない。そう思われている方がいましたら、ぜひホロスプランニングを覗いてみてください!必ずヒントが見つかるはずです。



【HPH211025-001-01】


この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスプランニング
保険乗合代理店
Profile
・生命保険の募集に関する業務
・損害保険代理業
・ファイナンシャルプランニング全般
・事業承継、相続対策コンサルティング
Comment
ホロスグループの近況や活動報告をさせていただきます。